2015年08月21日

マイナンバー年金外し

お、お久しブリーフ・・・|д゚)

では済まされないくらい久しぶりの更新になってしまいました💦


いや、でも実はブログ自体は毎日更新していますφ(..)

年金関連でもなく、
育児関連でもなく、
投資関連で<(_ _)>


お恥ずかしい内容なので、
あえてリンクなどでお知らせはしません(>_<)
いつまで続くかも分かりませんし(恥)


でも、分かる方には分かると思います。

語り口調一緒なので('_')


というのも、
老後の資産形成において、

年金+アルファー

が必要というのは、ずっと唱えていたのですが、

じゃあ、実践してみよう

と現在アルファーの方を実践中なのです

日本株を中心に取り組んではいるものの、
実際はなかなか難しいですね(;'∀')

一気に増えれば、
一気に減る

そんな繰り返しです

今日はまた日経平均はドカっと下げてます。

短期売買で目先の株価に左右されるのではなく、
余裕資金で、ノンビリ保有するのが、
やっぱり一番なのかなと。

買う時は、できるだけ割安の時に。

と、基本に立ち返っている状態です。



それでは、年金関連で。


今朝の日経新聞
「マイナンバー改正案成立へ」

でも、年金との連結は延期

年金外し
機構外し

となってしまいました。

延期期間は、
半年から一年とのことです。


2017年からは、マイナンバーを使って、
個人用サイトから、

年金保険料の納付免除の申請、納付

もできるようになる。


なんか、もう想像できないです(*´Д`)

今までは、基礎年金番号を使っても、
できなかったことが、
マイナンバーを使うことで、
どこまでできるようになるのか。

マイナンバーって、何なん


で、その前に終えなければいけない機構のお仕事。


基礎年金番号と、
マイナンバーを、
住民基本台帳ネットワークを使って、

連結する


ゴチャゴチャし過ぎて、
訳わかりません。


ただ一つ願うことは。

その連結作業とかやらで、
再び問題が勃発しないことのみです<(_ _)>


マイナンバー導入で、
便利 & 円滑 & 公平な納付(財源確保)
が実現できるといいですね。


「企業は、従業員の年金関係書類に
マイナンバーを記入する義務が生じる」


ん?
作業増えるのか?
基礎年金番号は、記入しなくても良くなるのかな?


謎です(´・ω・`)



ブログ更新ですが、
当面は投資関連中心になり、
年金関連は気まぐれ更新になると思います。

育児関連は閉鎖の方向で検討しています。


更新されないブログに変わらずご訪問いただきまして、
ありがとうございます

今後も、ノラリクラリ更新して行きますので、
よろしくお願いします


barairojinsei8 at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2015年02月18日

年金減額で集団訴訟!の矛盾

この記事みてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

年金:「減額は違憲」鳥取の受給者が提訴 

 全国訴訟第1号

 ◇5月には数千人が全国各地で一斉提訴へ

 過去の物価下落時に年金を減額せず据え置いた

「特例水準」を解消するため、

国が2013年10月から年金を1%減額した処分は

違憲だとして、鳥取県内の受給者24人が17日、

国に取り消しを求めて鳥取地裁に提訴した。

全日本年金者組合が主導する全国集団訴訟の第1号で、

5月には数千人が全国各地で一斉提訴するという。

 訴状では、

減額は健康で文化的な最低限の生活や財産権などを侵害し

違憲と主張。

減額を政令で定めた13年9月当時、

消費増税の決定や生活必需品の高騰などで、

受給者の困窮は予見できたのに

回避措置をとらなかったとして

「政府と厚生労働相は裁量権を逸脱した」としている。

 厚労省年金課は「詳細な情報がないのでコメントできない」
としている。
毎日新聞 2015年02月17日 20時32分

んんー。
健康で文化的な最低限の生活や財産権の侵害
ですか。
1%の減額で。
仮に、1年の年金額が200万円だとして、
その1%は、2万円。
一か月だと、
2万円÷12ヶ月で、
1666.6666・・・・
大体1,700円くらい。
月に1,700円なかったとして、
健康で、文化的な最低限の生活が、
送れないかどうか。
んんー。

別のケースを考えてみよう。
仮に1年間の年金額が、
80万円だったとして、
80万円×1%=8,000円
8,000円÷12ヶ月=666.6666・・・・
月に大体700円くらい。
ええ?計算間違ってるかな!?

まあ、でも一生涯分ということになるから、
20年分として、
2万円×20年=40万円
8,000円×20年=16万円
この分について争うことになるのかな。
弁護士費用とかは、誰が負担するんだろう。
集団訴訟だから、頭数24人で割るのかな。
最近の集団訴訟と言えば、ベネッセの情報漏えい問題。
気になって少し調べてみると、
ベネッセ個人情報漏えい事件 被害者の会

着手金はかからないみたい。
勝った場合だけ、成功報酬含めて
損害賠償額×15%

ちなみに請求額が、一人あたり55,000円
総額985,395,000円!!
ちょっと、規模が違い過ぎたか(;'∀')
原告まだ募集中みたい。

参加しようかな。($・・)/

被害回復を図ることが主目的かぁ。
そうですよね。
お金だけの問題じゃないですよね(`・ω・´)
年金制度に対しての
問題提起が主目的かもしれませんね。
マクロ経済スライドの廃止も求めるようですし。

そして、もう一つ気になったのが、
全日本年金者組合
どうやらこちらの組合が主導となって、
集団訴訟を起こすらしいですが。
ごめんなさい、
このような組合の存在をはじめて知りました。
あ、今回の訴状も掲載されてます。
訴訟物の価額
原告一人あたり いずれも10万円以下みたいです。

もしかしたら、
こちらの組合が訴訟にかかる費用などを
負担するのかもしれませんねー。
だって、ここの組合費
(加入申込書の一番下に書いてある)
月額 年金の0.4%ってありますよ。
ということは、組合費の年額は、
0.4%×12ヶ月=4.8%?
え?間違いかな。

今回の訴訟内容が
年金額の1.0%減額に対するものですよね。

んんー。
まあ、
健康で文化的な生活を送るために、
自主的に出費するなら
4.8%でもOKということなんでしょう。

仮に年金額が80万円の場合は、
80万円×4.8%=38,400円
38,400円÷12ヶ月=3,200円

やっぱり間違ってるかな。



barairojinsei8 at 00:13コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2015年02月03日

平成27年4月からの年金について

「マクロ経済スライド初適用」

「0.9%引き上げる」

「実質的には引き下げられる」

え?で、結局はどっちやねん!

と突っ込みたくなるような感じで登場しました。


分かりにくいので、素直に
「0.9%受け取る年金額が増える」
で、いいんじゃないかなーと思います。
だって、実質的にって言っても、
現実的に0.9%しか上がらないんですから。
私にとっては、けっこう衝撃的ですけど。
いい意味で、です。
かれこれ10年以上、
年金額が増えるだなんて正直想像もできませんでした。
「減ることはあっても、増えることはないわよねー」
と言われ続け、
「そうですよねー」
と流し続けてきました。
そりゃー受け取っていただく年金が増えたら、
どんなにいいことか。

2014年、平成16年に将来の年金の安定支給のため、
年金改革がされました。
将来、年金を受け取るお年寄りは増え続け、
支える側の働き手は減る見通しで、
このままじゃ年金制度ヤバイよね。
なんとかしなきゃ!とされた改革です。

賃金や物価が上がっても、
0.9%は年金額を上げないようにしましょう。
(マクロ調整率といいます)
同じように上げてたら、支えられなくなりますから。
ですので0.9%は我慢してください。
若いころに働いて保険料を支払って来られたとは
思いますが。

経済が上向きありきの改革は、
デフレによって実現されずに来ました。
特例水準、特例水準で、
年金額を減らすことができずに来ました。

もう特例って言ってる場合じゃない!
このままでは年金財政が危うくなってしまう。
(ていうか、ここまで続いたらもう特例でもないし)

現在デフレで下げれなかった年金額を、
段階的に下げています。
平成27年4月分からは0.5%下げる予定です。
これで特例水準分は解消されます。

念のため0.9%年金額が上がる式としては、

(賃金上昇率) (マクロ調整率)  (特例水準分)
   2.3%  −   0.9%   −   0.5%

国民年金の満額が、780,100円になる予定です。
ちなみに平成26年度は、772,800円ですが、
単純に0.9%掛けても端数処理などで、
ピッタリこないです。

平成11年以来16年ぶりの年金増額!
78万円台に返り咲きです。
デフレから脱却しつつあるのかなーと思わせる変化です。

ご参考に以下の正式発表分も載せておきます。

厚生労働省HP



barairojinsei8 at 23:40コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2014年12月14日

平成29年4月に延期

今夜は選挙関連の番組ばかりで、
中でも池上さんとのコラボか、
フィギュアスケートとのコラボか、
選択に迷いましたが、
羽生選手も観れるしということで、
後者にしました
結果、羽生選手の演技に大満足はもちろんのこと、
安倍総理の当選後始めてのインタビューも聞くことができました。
古舘さんが、
「子育て支援は予定通り進める中で、
低年金者に対しての月5,000円給付する政策は
何とか実行できないのか。
余計なもの(公共事業費とか具体的に挙げていた)を削って、
6,000億円充てることはできないんでしょうか」
というような質問をぶつけました。
それに対しての安倍総理の回答が、
「6,000億円という予算が一年だけでは済まなく、
毎年必要になるため、安定的な財源の確保が必要。
増税とともに実施するというのは、
自公民の三党合意で決定していること。
1年半後ではありますが、
平成29年4月に増税を実施します。
それより前に景気回復などで、
安定的な財源が確保できるようなら、
なるべく早くやりたい。」

低年金者の方に対する給付措置に対しての回答でしたが、
受給資格期間10年に短縮も横並びの政策なので、
同じく平成29年4月と考えて間違いなさそうです。
今後、文章でどう盛り込まれるかを注視したいと思います。

それにしても、素朴な疑問なんですが、
安倍さんと同じ選挙区で出馬する人って、
どんなモチベーションなんでしょうか。
選挙活動のために、事務所立ち上げたり、
ポスター作ったりするんですよね??
あと、選挙とは関係ないんですが、
羽生選手。
改めてスター選手だなぁと実感した
グランプリファイナルでした。
今後の活躍も注目していきたいです。






barairojinsei8 at 23:37コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2014年11月30日

年金の日

さて、今日は何の日でしょう?

と、タイトルに「年金の日」と書いておきながら、
聞く質問でもないですよね。

11月30日で、「いいみらい」

国民お一人お一人に「ねんきんネット」等を活用して
ご自身の年金記録や公的年金の受給見込み額を確認していただき、
老後の生活設計に思いを巡らしていただくことを目的にしています。

と、日本年金機構のホームページにも、
その趣旨が紹介されています。

年金の日

今日は日曜日ですが、
年金事務所や、街角の年金相談センターも
開いてるようです。

いいみらい
とのことですが、年金改革はどうなっていくのでしょうか。
選挙前の討論などで、明らかにされるのか。
モヤっとしたままなのか。
今のところ、年金改革に関しては、
やはり先送りになる雰囲気です。
以下、一週間前のになりますが、
産経新聞の記事を参考までに抜粋します。

消費再増税延期で社保改革に明暗 

子育て支援「優先」、年金は先送り


 安倍晋三首相が決断した消費税率10%への再引き上げ延期の余波が社会保障制度改革に広がりつつある。政府は、増税財源の活用を想定していた子育て支援 拡充策「子ども・子育て支援新制度」を予定通り来年4月にスタートさせる一方、
低年金者への給付支援などについては財源確保が困難として来年度の導入を見送る方向で検討に入った。

 「消費税率引き上げを18カ月先延ばしするが、子育て支援と少子化対策は優先的にしっかりやっていく」

 自民党の稲田朋美政調会長は23日、NHK番組でこう述べた。首相も解散を受けた21日の記者会見で、増税延期の影響について「社会保障を充実させるス ケジュールの見直しが必要だ」と指摘しながらも、「子育て世代を応援する決意は揺るがない」と強調。衆院選で無党派層を取り込もうという思惑がにじむ。政府は平成29年度までに40万人分の保育の受け皿を整備し、待機児童の解消を目指す。

 一方で、年金分野については、年金受給額が少ない約800万人に対し1人当たり月5千円の給付措置と、公的年金の受給資格が得られる納付期間を短縮する 「弱者対策」を先送りする方向となっている。いずれも27年10月の消費税増税と同時に実施し、来年度は増収分から計2千億円を充てる予定だった。

 しかし、再増税延期により「社会保障改革は優先順位をつけてやらざるを得ない」(麻生太郎財務相)とされ、年金分野にしわ寄せがいきそうな気配だ。


産経新聞 11月24日(月)7時55分配信分


いいみらい にするためにも、
年金改革の方向性をはっきり示して欲しいものです。
まあ、総選挙が終わらないと、
難しいのかもしれませんが。

法律をどう変えて行くのか、
年明けの最重要注目事項です(`・ω・´)
私にとって、ですが(;'∀')
みなさんも、ぜひ注目してみてください。


barairojinsei8 at 11:30コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2014年11月09日

年金受給資格期間10年に短縮 の危機?

めちゃめちゃお久しぶりの更新・・・
というのも、
来年の10月に予定されている年金改革が、
先延ばしになる可能性が浮上してきたので、
居ても立っても居られない感じで、
登場しました(+o+)

年金を受け取るために必要な期間
現行の25年→10年に短縮
この改革が来年の10月に予定されています。
しかし、その前提条件として、
消費税率を10%に上げること
が盛り込まれています。
つまり、10%が先送りになれば、
10年に短縮されるのも先送りされるということ。

確かに増税はキツイです。
でも先送りすれば、人によって年金を受け取る時期も
先送りになってしまうのです。
後納制度を利用して、国民年金を払って、
10月を心待ちにしている方もいるはず。

社会保障の改革も先送りする
ただ単に消費税だけの問題ではないのです。
一体改革とは、そういう意味です。
具体的に10年に短縮されることを挙げましたが、
これは改革予定の一部です。

解散総選挙や、
法律を改正してまでの増税先送り
という流れが出てきたので、
エーッ!?と、ビックリ久々登場しました。
今後どうなるかは分かりませんが、
個人的には法律は改正して欲しくないです。
一番最悪なのは、
経済状況をみて、その時また考えるーみたいに、
ズルズル増税を先延ばせる文章に改悪されること。

んーどうなんでしょう。
金融緩和 追加しちゃいまーす♪
株価アーップ♪
景気アップー!?
え?消費税もアップしちゃう!?
みたいなノリかなと思ってますが、
違うんですかねー。

解散させて勝つための、
好感度アップ作戦ならガッカリです。

まあ、いずれにしろ、消費税10%先送りなら、
色んな事が先送りになるってことを、
覚悟しとかないと。
今後とも継続して大注目です。

ご参考までに。
   ↓ ↓ ↓
社会保障と税の一体改革


特に※印の部分 注目です。

barairojinsei8 at 23:44コメント(4)トラックバック(0) 
年金 

2014年05月17日

出産報告と75歳選択制について

ご報告が遅れましたが、出産しました
ようやく気持ち的にも報告できるようになりました。
「元気な女児で」、と報告したかったのですが、
2ヶ月早い早産となってしまいました。

続きを読む

barairojinsei8 at 10:10コメント(0)トラックバック(0) 
日々のひとりごと | 年金

2013年12月22日

病室からのメリークリスマス

うーん…予期せぬできごと?
いや、予期はできたはず。
自分には関係のないこと、と
なぜタカをくくれたのか
今となっては不思議でなりません。

続きを読む

barairojinsei8 at 18:11コメント(2)トラックバック(0) 

2013年07月11日

FP3級結果報告

FP3級結果待ちという理由をつけて、
久しぶりの更新になってしまいました。
しばらくネットから離れた生活を強いられたりもして(・。・;
というのも、
XPサポート終了や、パソコンのパフォーマンス低下に伴い、
思い切って新しく買いかえました!(´∀`*)

そして、結果報告。




続きを読む

barairojinsei8 at 23:25コメント(2)トラックバック(0) 
資格関連 

2013年05月26日

FP3級実技試験を受検

最近の暑さに、
早くも食欲が減退気味のなぎさです。
このまま夏に向けて、
スリムになれればいいなぁなんて

今日はFP3級の実技試験を受けてきました。

続きを読む

barairojinsei8 at 18:48コメント(2)トラックバック(0) 
資格関連 
記事検索
コメントありがとう