2013年03月02日

【介護保険料】のちょっとイイ話

ひと雨ごとに春が近づいてきているなぁと感じています。
(今日は寒いけど
これからの黄砂対策など、
今話題のPM2.5対応マスクについて、
購入を検討しているなぎさです。

今日は介護保険料についてお話します。続きを読む

barairojinsei8 at 13:21コメント(0)トラックバック(0) 
社会保険料 

2013年02月23日

【賞与保険料】のちょっとイイ話

まだまだ寒いですね〜。
神戸は昼間でも雪がちらついていました
春が恋しい
最近は桜をモチーフにした文具雑貨が気になります。
それからミスタードーナツの、
桜ポンデリングを無性に食べたいと思っているなぎさです。

宣言通り、今日は賞与にかかる保険料について。

続きを読む

barairojinsei8 at 18:50コメント(0)トラックバック(0) 
社会保険料 

2013年02月17日

【基本保険料】のちょっとイイ話

「2013年1月27日実施の
ファイナンシャル・プランニング技能検定は有効である」
との通知を受け、ビックリしているなぎさです。
え。
確かに情報漏洩の問題は知っていましたが、
まさか検定自体の有効無効まで
検証される事態になっていたとは!
とにかく有効でよかったです。
結果は3月7日に発送される予定とのこと。
どうなっていることやら・・・。

今日は保険料の話を少し。
会社勤めをされている方は、
お給料から天引きされている保険料。
健康保険、厚生年金、高いですよね。

加入した月(資格取得月)→保険料かかる
脱退した月(資格喪失月)→保険料かからない

これが基本です。

続きを読む

barairojinsei8 at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 
社会保険料 

2013年02月11日

いま、知らないと絶対損する年金50問50答

バレンタイン間近の三連休を謳歌したなぎさです。


今日はオススメ本の紹介です。


「いま、知らないと絶対損する年金50問50答」
著者 太田 啓之氏

平成23年4月に発行された本なので、
「いま」ではなくなってしまっているのですが
年金に関する本の中で最も衝撃かつ感銘を受けた本なので、
遅くなりましたが紹介せずにはいられませんでした。

当初タイトルを見たときは、
(また年金破綻論でも展開する気なのかな)
と正直思いました。
著者が朝日新聞社の記者ということで、
ますますその思いは強くなりましたが、
買わないといけない本だろうなと直感し購入。
結局本を読み終えて、さらにもう5冊購入しました。
同僚にプレゼントしたり、職場に置いたり、
それぐらい読んで欲しいと思った本です。

数々の取材を通して、
公的年金は破綻しないと主張しています。
理由の一つとして、
「年金のハイブリッド方式」が挙げられています。
ハイブリッド方式とは、
現役世代の保険料でまかなう「賦課方式」でありながら、
積立金も保有していること。(172兆円 2008年度時点)
いざ保険料収入が少なかったり、
財政が苦しいときに取り崩し年金に充てることができる。
「少子化に弱い」賦課方式の弱点を補う役割として有効、
とあります。

本自体は、Q&A方式になっていて、
タイトル通り50問50答あります。
「長妻大臣がなぜパッとしなかったのか?」
など、面白い年金雑談もありましたが、
ぜひ読んで欲しいのが、
「おわりに」の部分。
一部抜粋します。

この本をまとめる作業をしている最中に、
東日本大震災が発生しました。
・・・
市場経済の発展は
「自助努力でお金を稼ぎ、貯めておけば、
誰の助けも借りず死ぬまで一人で生きていける。
社会の助けなんて期待できないし、
期待するべきではない」という幻想を、
人々の間にはびこらせました。
ですが、そうした幻想は、
今回の大震災によって吹き飛ばされてしまったように思います。

そして、幻想から目覚めた私たちの前に現れたのは、
「人はお互い支え合っていかなければ生きていけない。
自分自身や家族のことだけではなく、
社会全体のことを考えて行動しなくてはいけない」
という、人間社会に普遍的な当たり前の真実でした。

とはいえ、社会がきちんと維持されるには
「共助の精神」だけではなく、可能な限り、
一人ひとりが自立して自分の生活を支えようとする
「自助の精神」も必要です。
賦課方式と社会保険方式という二つの柱
で成り立っている現代の公的年金は、
「一人ひとりが自らの老後のため、
経済力に応じて自ら保険料を支払う」
という自助努力が、
「社会全体でお年寄りを支える」という
共助へと自然に結びつくようになっています。
自助と共助の絶妙なバランスの上に成り立っており、
人間社会の本質を踏まえた安定した仕組み
と言えるでしょう。

それゆえに公的年金は、
たとえ少子化・高齢化が進んだとしても、
今後もお年寄りの生活を支えていく
もっとも優れた有効な仕組みであり続けると
確信しています。
・・・

一部抜粋と言いながら、
だいぶ抜粋しました。

お恥ずかしながら、
「年金て、将来本当にもらえるの?」
と聞かれたときに、曖昧な返答をしていた時期があります。
年金記録問題が発生し、年金破綻、
社保庁批判が毎日毎日繰り返される中、
報道を鵜呑みにし、自分を見失った。
「国が破綻しない限り、年金破綻はしませんよ」
破綻するわけがない、と真っ先に言うべき立場なのに・・・。

この本と出会って、
年金は温かいものだと初めて考えるようになりました。
「現役世代全員で働いて作り出した生産物全体」
例えて「でっかいパイ」
その一部を、働けなくなったお年寄りに分け与えて養っている。
それが年金。
核家族が多くなった現代社会では欠かせないもの。

「つつましくも充実した老後」を守るには、
「これからも年金を守り、
育てて行かなくてはいけない」

その考えに賛同します。
皆さんもぜひご一読ください

20130202_200824



barairojinsei8 at 21:15コメント(2)トラックバック(0) 
年金 | 書籍

2013年02月02日

FP3級を受検してきました

今日は暖かすぎて、着るものに困ったなぎさです。
先週の日曜日は、FP3級の学科を受検してきました。
朝10時から開始で、9時過ぎに会場に着。
会場が開くまで外で待つことに・・・。
めちゃくちゃ寒かったです
神戸市の流通科学大学という何とも近代的な、
コンクリートの建物。吹きっさらし。噴水も有り。
お腹が痛くなる寸前でした。
あれから一週間でこんなに気温が上昇するなんて。
まるで政権交代後の株価みたいですね。
ごめんなさい。
ちょっと言いたくなっちゃいました。
正式名称は、ファイナンシャル・プランニング技能検定
(資産設計提案業務)
ああ、それなのに計算機を忘れてしまうとは。
でも、そんなことがあってもご安心を。
計算機を使わないと解けない問題は、全60問中2〜3問。
全部不正解だったとしても、合格にはさほど影響しません。
もちろん忘れないに越したことはないんですけどね。

FP3級合格基準

学科・・・60点満点で36点以上
実技・・・50点満点で30点以上

自己採点の結果49点でした。
きっと合格していると思います。
実技は今回受けなかったのですが、
受けたくなったら、また受けたいと思います。

受検手数料の話ですが、
学科実技それぞれ3,000円ずつかかります。
FP2級の受検資格は「FP3級を合格した者」
もしくは実務経験が2年以上ある者。

うーん。
やっぱりお金って大切ですね


barairojinsei8 at 21:40コメント(0)トラックバック(0) 
資格関連 

2013年01月27日

突然の別れに思うこと

またまた予告もなく更新が途絶えてしまいました。

その間に訪問してくださった皆様、
ごめんなさい。

コメントにもお返事ができずに申し訳ありませんでした。


昨年の10月に突然義父が亡くなりました。
享年66歳でした。
リタイア後、これからゆっくり老後を過ごす予定でした。
私は、嫁の立場になるのですが、血のつながりはなくても、
とても大切に可愛がってくれました。
私にとっても唯一の父で、その存在はとても大きなものでした。

大好きなゴルフの最中に、突然襲った死。

苦しまずにポックリ逝きたい

ありがちな台詞ですが、残された家族は本当に悲しい。

亡くなった時に着用していたのは、
今年の6月に誕生日プレゼントとして渡したシャツ。
とても喜んでくれて、包装紙さえも取って置きたいと言い出す始末。
実は、これまでもらうばっかりで、プレゼントしたのはこれが初めてでした。
こんなに喜んでもらえるなら、これからもっとプレゼントしよう、と思っていたのに。
でも、渡せて良かった。

それより、ついには孫の顔を見せてあげることができませんでした。
待ち望んでいてくれたのは確かで、でもそんなことは口にも出さず・・・。
私は甘えてしまっていたのかもしれません。
子どものことは、二の次に考えていました。

時は待ってはくれません。
これからは子どものことを第一優先に考えるようにします。
年金制度のためにも、現役世代をつくらないと。

未支給、遺族年金の手続きに私も年金事務所へ同行しました。何だか不思議な感じ。
当然書類に不備はなく、手続き完了。

お父さんは結局、満額の年金を受け取らないまま亡くなってしまいました。
こんなことなら、繰り上げ請求をしていた方が得でした。
だから最近繰り上げ請求の相談になると、正直悩みます。
今後の障害年金が請求出来なくなったり、減額だったりデメリット部分はあるものの、
早めに受け取っておいた方がいいのではないかと。
寿命、それが前もって分かれば悩まなくて済むのですが。
ご両親が何歳まで生きられたのか、持病の有無などをよくよく考え、後悔しない選択をしたいものです。

今年の10月から年金額が1.0%下がる予定です。
仮に、180万円年間で受給していたら、1万8千円の減額。
ひと月にすると、1,500円。
さらに、平成26年4月分から1.0%、平成27年4月に0.5%減額される予定です。
厳しいですが、先延ばしにしてきたことがようやく実施されるということです。

生活保護の受給基準も引き下げられるようです。
大阪に勤めていると、生活保護との比較話が多くて驚きます。
それだけ生活保護が身近な存在で、実際受給している人も多い。
現物給付にすればいいのになと、個人的には思うのですが・・・。

アベノミクス効果で、デフレ脱却、年金額アップにつながることを期待します。


barairojinsei8 at 22:33コメント(0)トラックバック(0) 
日々のひとりごと | 年金

2012年09月30日

厚生年金基金の廃止


みなさん、こんばんは

日曜に台風直撃で、ほぼ今日は一日中家に缶詰状態でした

おかげで明日は何の影響も受けず、10月をスタートできそうです

では早速、年金に関するニュースで、大きなニュースがあったので、取り上げたいと思います


 厚生年金基金の廃止方針決定 
          厚労省「10年後を目安」


AIJ投資顧問による年金消失事件を受け、厚生年金基金のあり方を検討してきた厚生労働省の特別対策本部は28日、基金制度を「一定の経過期間をおいて廃止する」方針を決めた。社会保障審議会年金部会の専門委員会で年内に具体案をまとめ、来年の通常国会に関連法案提出を目指す。

 特別対策本部の本部長を務める辻泰弘厚労副大臣は会見で、「基金制度は企業年金の普及に大きく寄与したが、バブル崩壊でメリットが失われた」と説明。廃止までの期間について「10年程度が目安になる」との考えを示した。

 ただ、576ある基金のうち286基金は、厚生年金の一部を国から預かって運用している「代行部分」について積み立て不足の状態で、不足額は3月末現在で総額1兆1千億円にのぼる。基金を廃止する場合、この穴埋めをどうするかが最大の問題で、企業年金のない会社員も含め広く負担を求めることに理解が得られるかは不透明だ。 
[朝日新聞より抜粋]


・・・加入者の運用次第で将来受け取る年金額が変わる「確定拠出年金」を柱に、他の企業年金制度への移行など、廃止に向けた課題を検討するなどして改革案をまとめる方針だ。連鎖倒産の回避に向け、基金解散時に国に返還する積立金について、加盟する企業が共同で責任を負う連帯保証制度の廃止や連帯保証金額に上限を設けることも検討する。[読売新聞より抜粋]


厚生年金基金については、財政状況が厳しいと言われ続けては来ましたが、

いざ全ての厚生年金基金について将来的な廃止が決定となると驚きを隠せません。

廃止後は、他の企業年金制度へ移行される措置がとられるようですが・・・。

いずれにしろ、代行返上※もあわせて行うことになりますね。

さて、総額1兆1千億円の赤字をどう穴埋めするかが最大の問題ということで。

ただ、企業年金のない会社員も含め広く負担を求めることに理解が得られないにしろ

結局は廃止ということになるのでしょう

今回の件で、いくら大きな組織でも、

国と同じように年金を支払い続けることの難しさをあらためて感じました。

年金記録問題などで、いくら公的年金が信用できないといっても、やはり老後などの生活の支えに、公的年金は欠かせないと考えます

実際多くの人がそう考えているはずです。

ですので、年金破たんだとか根も葉もないニュースに惑わされることのないよう、

自信を持って保険料を負担して行きましょう


※代行返上
国の厚生年金の一部について、厚生年金基金が積み立てていたお金を国に返却し、それとともに、その部分の年金を受ける権利も厚生年金基金から国へ移動すること



barairojinsei8 at 17:38コメント(0)トラックバック(0) 
年金 

2012年09月23日

後納制度「平成24年10月1日から平成27年9月30日まで」

今日は早速「後納制度」について、取り上げたいと思います
すでにご存じの方も多いかとは思いますが、国民年金の保険料を納める期間が、
過去2年から、過去10年に延長されます
具体的には、平成14年10月以降の保険料が納付可能となります。
受付は、平成24年8月から始まっていて、平成24年10月から納付可能となります。
特に、平成14年10月分の保険料が支払えるような方は、
来月中に納めないといけません。
優先的に、申込用紙などを送付しているので、
もうすでに申し込まれた方も、届いた納付書の期限をチェックして、必ず期限内に納めてくださいね
万一、届かない場合は・・・
必ず年金事務所に電話連絡もしくは窓口来所をお願いします

過去10年に納付期間が延長されるのは、
平成24年10月から平成27年9月30日の
期間限定となります
ただし、65歳以上ですでに年金を受け取っている方や、
年金を受け取れなくても、70歳以上の方は対象外
となります。
悪しからずご了承ください。

平成27年10月以降に、受給資格が25年から10年に短縮される予定です。
この機会にぜひ納付できる方は、納付をしてください

そういう理由で、来月は年金事務所の窓口混雑が必至です。
入社退社の手続きが時期的に多いことも予想されます。
お忙しいかとは思いますが、時間と心にゆとりを持って足を運んでくださいませ


barairojinsei8 at 10:40コメント(0)トラックバック(0) 
国民年金 

2012年09月15日

悩める日々とニーチェの言葉

みなさんこんばんは三連休ですね
あ、でもサービス業の方などは三連休ではないですよね

ごめんなさい、私は三連休です

実は現在は・・・と言うと、
とある大阪の年金事務所で契約職員で働いています。

密かに2年目に突入しています。

これで全制覇といったところでしょうか

しつこく働かせていただいて、
とにかく感謝しています

さて9月に入ってもう半ばになりますが、
ここ 1、2ヶ月間はとても長く感じました。

特に8月は非常に精神的不安定な月でした。

何とかなると思う自分と、
やっぱり無理だ・・・と思う自分が、
日々入れ替わる感じ。

意味分かんないですよね

自分でも分かりません

とにかく模索しています。

そんな模索の日々を一部公開したいと思います
出会った一冊の本 「ニーチェの言葉 供廚畔擦擦董

しばしお付き合いいただければ幸いです


ニーチェの言葉その


挑戦し続ける人生を


 若者よ、そこそこの勝利が約束された人生を欲しがるな。
安定が保証された身分を欲しがるな。
若者よ、絶えず、絶えず、挑戦し続けよ。
 百度もトライを重ねる人生を自分の人生とせよ。
その挑戦の中では、失敗が多いだろう。
成功は少ないだろう。
それでもめげずにトライせよ。
 失敗と成功のくり返しに満ちた挑戦の人生こそ、
きみが生きているということの証明だ。
 だから、すべてさらけだしてあがき、挑戦の日々を送れ。
 ひるまずにトライし続けたきみの人生は、
他の人々を強く勇気づけるのだから。

(おおー 確かにそうだよねめげずにトライかあ

(でも、若者じゃないしな・・・


ニーチェの言葉その


人生について考えるのは暇なときだけにせよ

 人生のことを考えてもよいが、それは休暇のときにすることだ。
ふだんは仕事に専念しよう。
自分がやらなければならないことに全力を尽くそう。
解決すべき問題に取り組もう。
それがこの現実をしっかりと生きることだから。

(あちゃちゃー ごもっとも


・・・とこんな感じで
本日は悩める日々に、
しばしお付き合いいただきありがとうございました



barairojinsei8 at 22:50コメント(2)トラックバック(0) 
書籍 

2012年08月25日

平成27年10月

残暑厳しいですが、みなさん体調崩されていませんか?

最近、毎週欠かさず見ているドラマがあります
月曜9時からの「リッチマン、プアウーマン」
急成長を遂げたIT関連の社長物語風なドラマなので、最初は、ホリエモンのドラマ化!?
でもそれにしては、
社長役が小栗 旬だし、な( ・Д・)?

現在のところ、グーグル社設立要素+ホリエモン要素を含んだ脚本内容だなと感じています。

毎週見ている理由として、
小栗 旬が演じているIT企業の社長が、
パーソナルファイルの確立を目指していること。

社会保障番号の導入を後押しするためのドラマかな?
とも、思ったりして
ほぼ氏名を入力するだけで、これまでに納税した額や、
年金記録なども確認できるというファイル。

今をトキメク人気俳優が、
「社会保険庁」「年金記録問題」という台詞を言うたび、
w(゚o゚)w オオー!という感じです。
さらに、大地真央が、社会保険庁の元官僚という設定も
さらに驚きです。

さて前話で、情報漏えいの責任を取らされる形で、
小栗 旬が解雇されてしまいました
パーソナルファイルの確立はどうなってしまうのでしょうか?
今後も楽しみにチェックしていきたいです

重要な法案が成立したので、取り上げてみたいと思います

平成27年10月
この年はかなり衝撃的な年になるのではないでしょうか。
昭和61年4月に次いで、第2位にランクインするかもしれません.。゚+.(・∀・)゚+.゚
(何の格付け?^^;)

 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案

 公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律案

な、長いぜ

私が注目している重要項目は、以下の2つです。

 共済年金と厚生年金の制度的な差異については、
基本的に厚生年金にそろえて解消する。 

 受給資格期間が、25年から10年に短縮される。

ついに、実現化されるのかという感じです。
すごいです、野田さん
あなたは、地味だけど、実現能力がハンパない。

8月1日から、後納制度の申込受付が始まっているので、
ますます申し込みが殺到するかもしれないですね。

平成27年。
どんな年になるのか、今からドキドキです
みなさんも、今からぜひ注目してみてください。



barairojinsei8 at 16:29コメント(3)トラックバック(0) 
記事検索
コメントありがとう