2007年04月17日

年金教室にアタック!!・・・試みるものの・・・。

ふと、気が付くと4月も半ば

ゴールデンウィークも、もうすぐ来てしまう勢いです。

日本国内は毎年どこも込み合うので、

できれば、私も優雅に海外組、といきたいところですが、

現実はそうも行かず・・・

 

 

人気ブログランキングに参加しています

いつもラッキーハッピーな応援クリックありがとうございます

↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

 (優雅に海外へ行きたい方、ワンクリックなんて

 

 

ゴールデンウィーク・・・というと、もう5月

はぁ〜 マズイですね〜

過去のブログに、『セミナー開催5月末目標にしますッ

と、高らかに宣言した記憶が・・・

以前に市役所の方に、初任者研修として、

何度か年金のお話をさせていただいたことはあるのですが、

それではダメですよね・・・

 

年金伝道師の道を究めるべく、

布教活動できることはないか・・・と考え、

母校からのスタートにたどりつきました

 

現在、年金教室という形で、

小さい頃から年金の必要性を知ってもらうための教室を

要望のある小学校などにお伺いして、セミナーを開くという出張を

教育の一貫として、随時行っておりました。

残念ながら、私の任務というわけではなかったのですが・・・。

 

思い立ったら、早速、

今日午前中に電話を・・・TURURURU・・・

 

『おはようございます。○○小学校でございます。』

 

『おはようございます。突然の電話で申し訳ありません。

私、○○在住の社会保険労務士有資格者の、黒田と申しますが、

今日は、年金の話を授業の一貫としてさせていただく機会がありましたら、

と思い、電話をさせていただきました。』

 

『少々お待ちください、教頭と代わります。』

・・・・・

 

 『おはようございます。教頭の○○です。お話は大体伺いました。

 【租税教室】ということで、税金の話は税務署の方にお願いして

 6年生を対象にお話しいただいてるのですが、年金と言いますと、

 少し難しいのでは?私どもでも分からないくらいで、

 とても小学生に理解できるとは思えませんが。』

 

ん・・・。税金も十分に難しいと思いますが・・・。と内心思いつつ、

 

『確かに、難しいかもしれません。

年金教育という形で、幼い頃から年金の必要性を知ってもらい

万が一の障害に備えてですとか、今、同居されているおじいちゃん、

おばあちゃんがいる子どもさんであれば、

安心して暮らせるためには、働けなくなってからもらえる年金が必要で、

その年金は、今働いているお父さんががんばって払ってくれている

というような内容のことをお話できればと思うのですが・・・。』

 

『お話はわかりました。ただ、突然いただいた電話ということもありますし、

あと10分後に、PTA連絡会議が入っておりますので、

またお願いすることがありましたら、ご連絡します。』

 

と、自分の連絡先を告げて、あえなく終わってしまいました

120%連絡はいただけないと覚悟しています

 

一回目で早々いい話になるわけないっと、近隣の小学校に再

今度は、若い感じのする声の優しそうな教頭先生が

同じように、説明すると、

 

『私がお話を聞かせていただいて、ピンときたのが、

公民の授業で、【子どもからお年寄りまでが安心して暮らせるためには】

という内容のものがありまして、そこでならしっくりくるかと。』

 

おお〜まさに、ピッタリじゃないですか〜

ぜひ、よろしくお願いします(・∀・)

 

『・・・ただ、授業の流れにも時期がありまして、

6年生はもうすぐ修学旅行など控えておりまして・・・

その、公民の授業は、秋頃を予定しております。』

 

あ、秋・・・ってまた随分と先のお話・・・。

ですが、そういった機会があれば、時期はいつでも構わない旨伝え、

また、改めて電話をします、という形に。

秋になるまで、覚えていられるかな

セミナーをさせていただけるかいただけないかは別として、

再度連絡をします

そう思わせるくらい、いい感じの方でした

きっといい学校に違いありません

 

どうかご縁がありますように・・・

 

 

 

 

  人気ブログランキングに応援クリックをお願いします(・∀・)

       ↓↓↓↓↓

  人気blogランキングへ

 



barairojinsei8 at 20:53コメント(8)トラックバック(0) 
新たな挑戦 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ロッキー   2007年04月17日 21:45
飛び込みの営業ですか!!
いよいよ、という感じですね。
夢に向かって、着々と進んでいますね。
子供のうちから、年金教育をしておけば、将来、未納問題や、年金不安が減少できますから、世のため、人のためでもありますよ。年金は、老齢にならないと、実感のないものですから、、、、健康保険などと違って。

がんばってください。今後もブログ、期待していますよ。
2. Posted by He   2007年04月17日 23:48
>秋になるまで、覚えていられるかな
>ただ、秋だと、時期も距離も遠くなってしまうなあ ・・・
無責任っすよ。
仮に採算が取れなくても連絡があれば行くんですよね?
なんでもヤル、というのが大切

強い意志があれば引き寄せることができます

年金伝導師 ⇒ 年金伝道師

会社法の計算書類のチェックをしてたから、数値や漢字の誤りに敏感になってしまいました

応援クリック、ポチッと!
4. Posted by 黒田渚   2007年04月18日 22:57
>ロッキーさん、コメントありがとうございます!

そうですね。どうしても年金というと遠い将来のような感じになってしまい、若いうちから義務といってもピンとこない方がほとんどだと思います。内容も複雑なので、余計に。
その複雑さを、もっと勉強した上で、かみ砕いてお話していけたらいいなと思います
5. Posted by 黒田渚   2007年04月18日 23:03
>Heさん、コメントありがとうございます!

もちろん、お話をする機会を与えてくだされば遠くても呼ばれればとんでいきます
話のオチっぽい感じにしたつもりだったのですが、ごめんなさい、誤解をさせてしまったようで・・・。

とてもいい教頭先生のようでしたので、ご縁があればいいなあと思っています
6. Posted by 黒田渚   2007年04月18日 23:07
>会計参与第1号公認会計士・税理士 伊豆川裕之さん
コメントありがとうございます!

>強い意志があれば引き寄せることができます

説得力あります

漢字の誤りまで指摘していただき
すぐに直します
7. Posted by カワカミ   2007年04月19日 20:38
渚さん、今晩は。
飛び込みの営業ですか!営業の基本ですね。
例え今回がダメでも信念さえあれば必ず報われる時がありますから腐らないで頑張ってください!

僕、個人としては小学校で年金の話はとてもいい事だと思います。
「年金問題」の現在。将来「なぜ年金を支払うか?」がわかれば支払う時の意識が変わってくると思います。

大変でしょうが、頑張ってください!
8. Posted by 黒田渚   2007年04月19日 23:39
>カワカミさん、コメントありがとうございます!

飛び込みは正直、飛び込むまでにかなりの勇気と時間がかかってしまって

20歳からでは、なかなか理解は得にくいため、刷り込みに近い形で、小さい頃から年金の必要性を知ってもらうことに意味があると思います。
万が一の時や将来の自分のためにもなるはずですので。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう