2007年07月02日

時間密度を濃くするには

みなさん、こんにちは

ちょっと行政書士の勉強の進み具合が遅れてるようです

憲法、民法、行政法の法令科目は

とりあえず過去問を二通り終えました。

ですが、2006年から試験内容が改正されているので、

過去問だけを繰り返しても足りない気がしています

気がつけば残りあと4ヶ月ほどしかありません

しかもまだ商法(会社法)、基礎法学、一般常識、記述式なんかが

手付かずで・・・

普通にピンチです(T_T)

恐らくあれもこれもそれも〜っと、

欲張っていろんなことを気にして、

結局はどれも中途半端なんだと思います

 

そしてやっぱり本は読んでます

先週は、ミリオネーゼ臼井由妃さんの、

『今すぐできることからはじめよう』

を読みました。

その中で、

 

「○○のせい」を「○○のおかげ」と言い換えるようにすると、

そのあとに続く考え方が違ってくる

イヤな出来事から得られたものが何かしら見つかる

 

と書いてあり、なるほどと思い実践しています。

 

それと、

『時間密度を高くすれば時間が増える』

『時間に追われるのではなく、時間を追う』

同じ時間の中で、より多くのことをこなすことを考えると、

同じ一日24時間が48時間にもなる

 

というのも実践できるかもと思い、

同時に一緒にできることはしようと心がけています。

これは例えば主婦の方であれば、

当然こなしていることかもしれません。

おかずを作りながら、お味噌汁を作り、洗濯機を回し、お茶も沸かし・・・

といった具合に

 

家事をしなくちゃいけないせいで・・・

子どものことをみなくちゃいけないせいで・・・ではなく、

 

家事をするおかげで、時間の密度を濃くする方法が身につく

 

なんて考えるといいかもしれません

 

と、このような感じで、

行政書士の勉強密度を濃くする方法も、

身につけれれば良いのですが・・・

 

プラス社会保険労務士業務となると・・・

 

どれも達成できないというのは避けたい事態です

 

みなさんも自分にあった方法で、

無理なく時間密度を濃くして行きましょう

 



barairojinsei8 at 14:00コメント(2)トラックバック(0) 
書籍 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by さえきひろまさ   2007年07月02日 18:44
時間密度がかなり薄いかも知れません。
反省しています。

追記:前の記事の「大阪上陸」と「大阪陸上」を
気づかずに通りすぎていました。
ツッコミの力のもかけていますね。再度、反省!

2. Posted by なぎさ   2007年07月03日 15:43
>さえきひろまさ先生コメントありがとうございます!
毎日お忙しそうですね
密度を濃くするにも限界はあると思います

ツッコミ、ありがとうございます

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう