2008年05月30日

ベトナム人強制貯金被害

みなさん、こんばんは

今日は多忙な一日となりました

昨日の所長のお言葉を胸に、

限りある時間の中で、

でき得る限りスピーディーに

時間を生めるよう仕事をしました。

が、

比例するように、

イレギュラーな仕事が次々と

結局生んだ時間以上の

時間を費やすことになりそうですφ(.. )

 

仕事ってほんとに、

イレギュラーがつきものですね・・・^^;

 

人気ブログランキングに参加しています。

イレギュラーでも構いませんので、

応援クリックお願いします

(そういえばなぜかプロフィールの

画像が小さいサイズに

そのせいか、

ランキングが下がってしまいましたので(笑)

よろしくお願いします

 

人気ブログランキングへ

 

 

今日は早速タイトル通り、

ベトナム人の強制貯金被害

を取り扱った

記事をクリップしたいと思います

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

ベトナム人研修生「強制貯金」被害、

200人で1億円超

 

日本で研修生や技能実習生として働き、

手当や給料の一部を引かれて預金させられたベトナム人の被害が、

5月までの1年半に200人余りで1億1千万円を超えることが、

神戸市の市民団体「NGOベトナム in KOBE」の調べで分かった。

大半は労働基準法が禁じた「強制貯金」に当たる疑いが強いとみている。

研修生・実習生が関東から九州まで幅広く強制貯金の被害に遭っている実態が明らかになるのは初めて。

厚生労働省によると、企業側が強制的に給料から差し引き、

金融機関に預けて通帳や印鑑を保管したり、

自社で運用したりすることは労基法で禁じられている。

違反すると6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金に処せられる。

 同団体は06年12月〜08年5月、

ベトナム人研修生・実習生約300人から強制貯金の相談を受けた。

このうち給与明細などの記録があった207人の総額は約1億1300万円。

平均54万円、最高195万円だった。

大半は企業が通帳と印鑑を管理していた。

 同団体の依頼を受けた弁護士らが企業側と交渉し、

5月中旬までに15府県の55社に86人分の約4千万円のほぼ全額を返還させた。

岐阜県が17社で最も多く、愛知県(14社)、三重県(9社)が続く。

縫製会社や自動車部品会社が多い。

 同団体と弁護士らは、企業側が、

低賃金で長時間、厳しい仕事をさせている

研修生・実習生に逃げられないよう、

手当や給料の一部を差し引いて

預貯金に回していたとみている。

研修・実習を終えて帰国する3年後に返す契約をしているケースが多い。

ベトナム人らは解雇などを恐れて、

通帳や印鑑を渡してほしいと言い出せなかったという。

 厚労省は、企業側が天引きして預貯金に回し、

通帳などを管理することに本人が同意していたとしても、

同意が形式的で、事実上、本人が返還を求められる状況になければ


違法と説明する。一定期間返さないことを前提とした約束も好ましくないとみる。

 207人のうち最も多い5人に返した

岐阜県の自動車部品メーカーは

逃亡を防ぐ目的もあったが、

帰国時に貯金を返す契約で来ており、

強制ではない。今はやっていない」と言う。

 企業との交渉に当たった大坂恭子弁護士は

「逃亡させないために強制貯金をさせてパスポートを取り上げ、

低賃金で過酷な仕事をさせ、住居は劣悪。

研修生・実習生はまるで奴隷だ」と指摘する。

2008年05月30日17時01分アサヒ・コム

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

強制貯金とは?

 

字のごとく、使用者に

強制的に貯蓄させられることです。

 

労働基準法の第18条に、

使用者は、労働契約に付随して貯蓄の契約をさせ、

又は貯蓄金を管理する契約をしてはならない。

との定めがあります。

 

今回のケースは、

第18条違反になるのか?

特定社会保険労務士ではありませんので、

明言はできません・・・?

いえ、

記事のみでは明言しかねますが、

 

記事からすると、

 

>岐阜県の自動車部品メーカーは

「逃亡を防ぐ目的もあったが、

帰国時に貯金を返す契約で来ており、

強制ではない。今はやっていない」

 

「逃亡を防ぐ目的もあった」

と、一部分とはいえ認めてしまっており、

その時点で、

労働者の足止め策としての

強制貯金を全面的に禁じている18条に

反しているのではないかと思います。

労働者の同意があった場合でも、

さらに条件がつくほど、

厳しく禁じられているくらいですから・・・。

 

それにしても、

該当の会社が東海に固まっていますね

色々な意味で興味深い事件ですので、

今後とも見守っていきたいと思います。

 

今日クリップした強制貯金の記事に関して、

所長もブログで取りあげております。

私より、経験上からも

深い意見が書かれておりますので、

参考にしてください。

    ↓ ↓ ↓ ↓

 『中薗博章の最新!社労士ニュース』



barairojinsei8 at 21:05コメント(1)トラックバック(0) 
労働雇用 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by R(アール)   2008年05月31日 21:02
弁護士ではありませんので、

明言はできません。が、(笑)

>岐阜県の自動車部品メーカーは

帰国時に貯金を返す契約で来ており、


契約書に、書いてるからOKなんて、

そもそも、違反事項は契約書にかかれてても、

無効であるはずなんですけどね。(笑)

もし、法律上強制貯金が禁止されていることを

あらかじめ知っていて、だから契約書に

載せておこうなんてことだったら、

さらにタチ悪いかも。(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう