2008年06月01日

1200万円ワタミで賃金未払い

みなさん、おはようございます

今日は昨日と違い、

良い天気ですね

このブログを書き終えたら、

日曜だしどこか出かけたいなぁと、

思っております

昨日のブログで強制貯金のニュースを

取り上げたのですが、

今日は、ワタミの賃金未払い問題

ニュースをクリップします

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします

  ↓ ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

 

昨日文末に少し書きましたが、

今回のニュースも所長の

『中薗博章の最新!社労士ニュース』

と重なる可能性が大いにあると

思っております。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

和民で賃金未払い

217人に1200万円支払う

 

「ワタミ」(東京)のグループ会社で、

居酒屋「和民」などを全国展開する

外食大手「ワタミフードサービス」(同)が

アルバイト店員の勤務時間を一部切り捨てていたとして

北大阪労働基準監督署の是正勧告を受け、

217人に計約1200万円の未払い賃金を支払った。

一方で元店員の20代の男性が「内部告発への報復で解雇された」として、

同社に慰謝料など約450万円の損害賠償を求める訴訟を

2日にも大阪地裁に起こす考えだ。

 ワタミによると、ワタミフードサービスは大阪府北部2店で

アルバイト店員の勤務時間を

1分単位で記録せずに30分単位などで端数を切り捨て、

賃金の一部が未払いだとして06年秋に勧告を受けた。

同労基署管内のほかの4店でも同様の事態が判明。

同社は60人に計約400万円を支給した。

 同社は昨年2月、全国400店余りのアルバイト店員

約1万2千人を対象に内部調査。

北海道・東北2店▽関東15店▽東海2店▽近畿20店▽中国2店の

計41店で切り捨てが判明し、157人に計約800万円を支払った。

ワタミの広報担当者は

「労働時間の切り捨てはあってはならず、

徹底できていない店があった。

全国の店舗ですでに改めた」としている。

 提訴を予定している男性によると、

労基署への通報は06年7月で、同9月に解雇された。

ワタミフードサービスの社員から

「労基署に行くような人は企業にとってリスク」と

退職を迫られたと主張。

これに対してワタミ側は

「元店員の解雇理由は個人情報のため明らかにできないが、

提訴されれば、訴状を見て対応を検討する」と話している。

 

2008年06月01日03時03分(朝日新聞)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

今回のニュースは、

労働時間切り捨ての違法性

不当解雇の違法性

の2つの問題があります。

労働時間の切り捨てに関しては、

ちょうど先日、就業規則作成時に

社長が提案されていたのですが、

所長が、冷静に法律違反であることを

告げておりました。

それほど法律を知らないと、

普通の感覚で労働時間を切り捨てて、

給料の支払いの節減をはかろうと

考えてしまいがちなのです。

これは労働問題勃発に、

無意識に足を踏み入れる瞬間です

 

参考までに以下の4点であれば

違法になりません。

 

1. 1か月の賃金支払額に100円未満の端数があるとき

→  50円未満切り捨て       

2. 1000円未満の端数を翌月に繰り越して支払う。

3. 1か月における時間外労働、休日労働、深夜業の

各々の時間数について1時間未満の端数があるとき

→30分未満切り捨て

4. 1時間当たりの賃金額、割増賃金額、

 1か月における時間外労働等の各々の

 割増賃金の総額

→50銭未満切り捨て

 

給料は支払うべきものを

きちんと支払えば、

社員のやる気

労働力 生産力

につながります(・∀・)ノ

 

以上読んでくださり

ありがとうございました

明日へつながるクリックを

お願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 



barairojinsei8 at 11:29コメント(0)トラックバック(0) 
労働雇用 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう