2010年03月20日

リーダーの条件

無事、職業訓練4日間を終えました。
ビジネスマナーや、グループディスカッション
まるで、新入社員が受けるような授業でしたが、
公務員出の私には新鮮でした
名刺交換の練習もしました
そのとき、社会保険労務士として、
はじめて顧問先の社長さんに
ごあいさつをした時のことを苦く思い出しました
机越しに名刺交換しようとする私をみて、
あわてふためく所長・・・
ほんとにごめんなさい
民間デビューする前に、
この訓練を受けていればよかった。
名刺入れを座布団に例えるところが、
個人的に気に入っています
外国では、クッションになるのかなぁ?(・∀・)

グループディスカッションでは、
「仕事と人生」というテーマで、
グループ6人で意見を出し合い、
カテゴリーに分けて、
最終的に図で表す作業をしました。
完成した図は、今でも教室の壁にデカデカと
貼ってあります
そこにはそれぞれの決意や、
自分へのエールが書いてあります。
私は、
一度決めたことはやりきる
資格を生かす
Yes, I can
と書きました・・・

グループごとに、
リーダー1人、発表者1人を選出。
過去に何度かこういう場面に
出くわしたことがありましたが、
その時は、
面倒だし絶対やりたくないと思っていました。
この手の授業そのものに苦手意識が強かった。
でも、今回はリーダーシップ能力をつけたいと
思っていたので、立候補・・・
はしませんでした
結局じゃんけんで決め、
リーダーにはなりませんでしたが、
気持ちの面で積極的でしたので、
よく発言できたし、
グループナンバー2ぐらいの存在には
なれたと思っています(笑)
これは、小さいことのようですが、
私の中では、大きな進歩でした
今までは話し合いをしても、
人の意見を聴く側ばかりでしたが、
今回は言う側にもなれたのです。

そうなれたのは、
"どんな意見でも否定しない"
"正解はない、すべてが正しい"というルールに
基づいていたからかもしれません。
今までは意識していないつもりでも、
心の中で、(発言して間違ってたらどうしよう)と、
失敗を恐れ、
発言しない安全さを選んできたのだと思います。
安全ならば、傷つかずにすむ。
でも、発言しなければすべては他人任せになり、
何も決めることはできない。
それは、つまり受け身の人生になってしまうのです
一度きりの人生で、
他人任せの受け身人生は誰しも嫌ですよね

それと、リーダー役はとても無理って思ってましたが、
意外に簡単なんじゃないかって( ̄ー ̄)ニヤリ
自信なさそうな態度は絶対NGなんです。
だから、自信なくても、多少間違っててもいいから
自信ありげに発言する
言葉は良くないですが、ハッタリでもいいんです。
ただ、ポイントがずれすぎると、
はア?ってなるので、
ずれすぎもNG。
人の意見を聴いて、考える。
何を言おうとしているのか、わかろうとする。
作業ほどほど、進行&目的地について考える。

もっと奥深いものなんでしょうけど、
まずはそんな感じで意識して、
訓練期間は出しゃばってみようと思ってますv( ̄∇ ̄)v

堂々と、胸を張って・・・



barairojinsei8 at 19:17コメント(0)トラックバック(0) 
求職活動 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう