2013年02月17日

【基本保険料】のちょっとイイ話

「2013年1月27日実施の
ファイナンシャル・プランニング技能検定は有効である」
との通知を受け、ビックリしているなぎさです。
え。
確かに情報漏洩の問題は知っていましたが、
まさか検定自体の有効無効まで
検証される事態になっていたとは!
とにかく有効でよかったです。
結果は3月7日に発送される予定とのこと。
どうなっていることやら・・・。

今日は保険料の話を少し。
会社勤めをされている方は、
お給料から天引きされている保険料。
健康保険、厚生年金、高いですよね。

加入した月(資格取得月)→保険料かかる
脱退した月(資格喪失月)→保険料かからない

これが基本です。



応用1
同じ月に、―⊃Β退職→就職した場合は?

仝生年金→保険料かからない
国民年金→保険料かからない
8生年金→保険料かかる 

応用2
同じ月に、―⊃Β退職→就職→ぢ狄Δ靴疹豺腓蓮

仝生年金→保険料かからない
国民年金→保険料かからない
8生年金→保険料かかる
す駝映金→保険料かかる

応用3
70歳になった月に就職

厚生年金→保険料かかる

応用2は、あまりないケースだとは思いますが・・・。
同じ月に厚生年金も、国民年金も払わないといけなくなります。
応用3は、通常70歳になった月は厚生年金保険料はかからないのですが、
同じ月に加入した場合はかかります。

ちなみに健康保険料は、応用1から3
すべての場合においてかかります。

次回は賞与保険料についてお話したいと思います。

barairojinsei8 at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 
社会保険料 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
コメントありがとう