生活保護

2008年05月26日

生活保護の支給額減額に?

みなさん、こんばんは

社会保険労務士の黒田 渚です。

先ほどから記事を書き終えては、

エラーで文字化けしてしまい、

何度もやり直しています

いったい何がどうなっているのでしょう?

今回こそは無事更新できますように・・・

と、祈る想いで書いています

ランキングライバル(笑)である所長の

『中薗博章の最新!社労士ニュース』

の更新も欠かさずあることですし、

こんなトラブルには負けてはいられません

 

みなさまの心強い応援

よろしくお願いします

 

人気ブログランキングへ

 

昨日(になってしまいました)関西テレビの、

プレミアAという番組で、

元警視庁警察官ホームレスが、

60歳から社会復帰し、

新たな出発をするというドキュメントが

放映されていました

 

ちょうどそれに関係する、

生活保護支給額減額の記事が、

読売新聞で取りあげてありましたので、

クリップしたいと思います。

 

少し長文になりますが、どうぞ。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

生活保護の通院交通費打ち切りも…読売調査に30都道府県

 

生活保護受給者に支給される通院交通費を巡り

北海道滝川市の元暴力団員が

約2億円を不正受給した事件を受け、

厚生労働省が打ち出した新たな支給基準に、

自治体の間で困惑が広がっている。

Click here to find out more! Click here to find out more!

 読売新聞の取材に、30都道府県が

「支給打ち切りの受給者が出る可能性がある」と回答。

「事実上の保護費切り下げ」との指摘も相次いだ。

これまでは多くの自治体が

電車代やバス代を払っていたが、

新基準は、やむを得ず高額になる交通費に

支給を限定しているためだ。受給者からも

「生活が圧迫される」と不安の声が出ている。

 通院交通費の基準はこれまで

「最小限度の実費」とされているだけで、

支給するか否かの判断は自治体に任されてきた。

滝川市の事件を機に不正受給を防ぐため、

厚労省が先月、自治体に通知した新基準は、

支給範囲について、

〈1〉身体障害などで電車やバスの利用が難しい場合のタクシー代

〈2〉へき地等のため、電車やバスで最寄りの医療機関に行っても

高額の交通費がかかる場合――などに限定。

原則、福祉事務所管内での通院が対象で、

7月から本格導入される見込みだ。

 同省保護課は

「どの程度、支給するかは自治体の判断」としつつ、

「高額ではないバス代や電車代は、

(生活保護費として支給している)生活費の中で

賄ってほしい」とする。

 新基準について今月、都道府県に聞いたところ、

支給打ち切りや減額のケースがあり得ると回答したのは、

北海道や東京都、大阪府など30都道府県、

「検討中」は13県。「これまでと変化はない」は4県だった。

自治体間で現在の支給実態に開きがあることが、

回答の差になって表れたとみられる。

 新基準では、「へき地等」「高額」の判断基準がはっきりせず、

多くの自治体が明確化するよう求めている。

東京都などは同省が明確な基準を示すまで

従来通り対応するとしている。

 自治体担当者からは

「不正受給でもないのに支給を打ち切るのは説明がつかない」

などの指摘が多い。

「国は現場の意見を聞かないで進めている」

「『交通費がないから病院に行かない』となるのが一番怖い

といった意見もあった。

 東京都内の福祉事務所の職員は

「電車賃やバス代がだめなら、

現在の8〜9割は支給できなくなるのでは」と話す。

生活保護の支援団体からも厚労省への見直し要請が相次いでいる。

 同省によると、2006年度、

延べ約130万人に43億円余の通院交通費が支給された。

2008年5月25日03時00分  読売新聞)

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■

 

先ほどの元警察官ホームレスの方は、

真面目すぎるほど真面目な性格で、
 
強い使命感や、責任感に押しつぶされ、
 
退官の後、酒におぼれ・・・
 
ホームレス生活となってしまったそうです。
 
一度、ホームレスの生活をしてしまうと、
 
住所不定などで、
 
なかなか社会復帰が難しいそうです。
 
この方は、生活保護を受けることにより、
 
就職活動も可能となり、
 
なんとか社会復帰を果たされました。
 
ひと月約12万円という手厚さには、
 
少し驚きはしましたが・・・
 
(年金ももらえるのでは?とも思いましたが。)
 
負担を多くしたり、
給付を削るだけではなく、
 
こうして多くの人の人生を
 
良いものに変える可能性のある、
 
守られるべきセイフティネットは

保障されるべきだと思います。



barairojinsei8 at 01:10コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
コメントありがとう